ワイデックスがお届けする難聴と補聴器の総合サイト「みみから。」

補聴器販売店を探す

  • HOME
  • 難聴について
  • 耳や聴力、音について
  • 補聴器の選び方
  • みみから。エンタメ
  • 難聴・補聴器 口コミ・Q&A
  • ワイデックスについて

難聴・聴覚障害をサポートする団体など

難聴や聴覚障害については、周囲のサポートと理解が非常に大切です。ここでは、難聴者や聴覚障害者をサポートする団体や制度、サービスなどの一部を紹介します。

社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会(略称:全難聴)

http://www.zennancho.or.jp/info/summary.html

全国の難聴者・中途失聴者の社会的地位の向上と福祉の増進、社会参加の促進に寄与することを目的とした団体です。「耳マーク」の周知と普及活動を行っています。

きこえーるコラム

●耳マーク

難聴に代表される聴覚の障害は、見た限りでは周囲から障害がわかりにくいという特徴があります。そのために周囲から誤解されたり、不利益を被ったりと社会生活をする上での不安が少なくありません。そうした背景から1975年に「耳のシンボルマーク」が制定されました。このマークをつけて、周囲に「聞こえないこと」を伝えることで、周囲からの理解と協力が得られます。このマークは音が耳に集まってくるところをデザイン化したもので、2009年には「耳マーク」と表記が統一され普及活動が行われています。聴覚障害者は耳マークを身に着けることで周囲の理解とサポートを得ることができ、銀行病院、公共機関などの施設は耳マークを掲出することで、聴覚障害者へのサポートを行っていることを意思表示します。

以下のサイトでも関連情報が掲載されています
「社団法人全日本難聴者・中途失聴者団体連合会ホームページ」 - 社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会[外部リンク]

一般社団法人 日本言語聴覚士協会

http://www.jaslht.or.jp/index.html

ことばによるコミュニケーションに問題を持つ人たちに良質の専門的サービスを提供し、生活の質の向上と社会参加を支援していくことを目的の一つとして設立された団体で、言語聴覚士の情報交換の場の提供や、研修会や講演会などの開催、コミュニケーション障害に関する調査・研究、協会ニュースなど刊行物の発行など幅広い活動を行っています。

きこえーるコラム

●言語聴覚士

聴覚障害や言葉の発達の遅れ、声や発音の障害など、言葉によるコミュニケーションに問題がある人たちを支援し、必要に応じて指導、訓練などを行っています。言語聴覚士国家試験に合格した言語聴覚士は、医療機関だけでなく、保健・福祉機関、教育機関など幅広い領域で活躍しています。

きこえーるコラム

●聴覚障害者標識(聴覚障害者マーク)

2008年6月1日に施行された改正道路交通法によって、聴覚障害者の運転免許取得条件が緩和されました。これによって、両耳の聴力が補聴器を用いても「10メートルの距離で、90デシベルの警音器(クラクション)の音が聞こえない」程度の聴覚障害者でも運転免許証が取得できるようになりました。クラクションの音などが聞こえないドライバーが道路を走るようになったため、他の車に注意や配慮を促すために制定されたマークです。別名ちょうちょマーク。
10メートルの距離で90デシベルのクラクションが聞こえない聴覚障害者は、運転の際に必ずこのマークを付けなければなりません。また、聴覚障害者標識を表示した車を発見した場合、周囲の車は必要に応じて徐行、減速をするなどして安全に通行できるような配慮をする必要があります。

以下のサイトでも関連情報が掲載されています
「聴こえを助けるヒアリングループの世界」 - 東京工業大学 中村・小山研究室[外部リンク]
「磁気ループ」 - 株式会社ソナール[外部リンク]
「磁気ループ」 - 有限会社 東洋エンジニアリング[外部リンク]
「磁気ループシステム」 - 株式会社アシスト[外部リンク]
「テレコミュニケーションガイド」 - NTT東日本[外部リンク]

戻る