ワイデックスがお届けする難聴と補聴器の総合サイト「みみから。」

補聴器販売店を探す

  • HOME
  • 難聴について
  • 耳や聴力、音について
  • 補聴器の選び方
  • みみから。エンタメ
  • 難聴・補聴器 口コミ・Q&A
  • ワイデックスについて

補聴器と集音器の違い

『集音器』という製品をご存じでしょうか。見た目は良く似ていますが、医療機器である補聴器と『集音器』にはとても大きな違いがあります。

補聴器と集音器の違い

「補聴器」「集音器」は見た目が似ていますが、目的や機能は全く異なる製品です。その違いを正しく理解し、健康促進に役立てましょう。

形状

集音器

「既製品です。」耳に綺麗に収めることが難しく、ハウリング(ピーピー音)や長時間の装用では痛みがでる場合もあります。
※一部補聴器でも既製品があります。

補聴器

「耳に合わせて作るものです。」耳あな型や耳掛け型用の耳せんはオーダーメイドで製作することができます。

定義

集音器

「医療機器ではありません。」集音器本来の目的が違うことや薬事法に定められた効果や安全性の基準に基づき製造されたものではないため、本質的に補聴器とは異なります。

補聴器

「管理医療機器です。」厚生労働省から正式に医療機器として認定された製品のみが「補聴器」となり、効果や安全性、対面販売義務など厳しい基準のもとその品質が管理されています。

役割

集音器

「すべての音を大きくします。」すべての音を大きくしてしまうため、大きな音もより大きくしてしまいます。調整が出来ないため、大きな音を聞き続けることで健康を害する可能性が非常に高くなります。

補聴器

「聴力に合わせた調整をします。」聴力に合わせた音の調整が出来るほかにも、騒音下での言葉の聞き取りを助ける機能や、出力制限、ハウリング防止機能など、聞こえの不自由な人の使用に配慮された開発・製造がされています。

価格

集音器

「〜10万円/台」管理医療機器ではない集音器は細かな調整機能が搭載されていないことや、お店での調整の必要もないため、安価で購入することができます。

補聴器

「5〜50万円/台」細かな調整や対面販売によるカウンセリングなどは「聞こえ」にはとても重要な要素です。その価値を理解し、正しい選択をしましょう。

販売形態

集音器

「通信販売が中心です。」お店での調整が欠かせない補聴器と比べた場合、音が多きるなど安全上問題がある可能性もあります。

補聴器

「基本対面販売です。」補聴器を装用して十分な効果を得るにはお店での適切な調整が非常に重要です。
※一部通信販売で購入できる補聴器もありますが、十分な補聴効果が得られない可能性があります。

補聴器と集音器は何が違うの?

「聴力が低下したり、難聴になった時には補聴器を使用する」ということは何となく知っていても、『補聴器』という製品について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。見た目はいわゆる『補聴器』のような形状をしていても、正確には『補聴器』ではない製品もあるのをご存知でしょうか。
『集音器』、『助聴器』、『音声増幅器』などと呼ばれる製品がそれに当たります。新聞の通信販売の広告などで見かけることもあると思います。形状や価格もさまざまなタイプが発売されています。
そもそも補聴器についての情報が少なく、補聴器についての正しい知識がないため、『補聴器』と『集音器』や『助聴器』の違いについて知っている人はほとんどいないと思います。
補聴器の使用を検討する上では、まず補聴器という製品について正しく理解することが非常に重要です。そして、補聴器について正しく理解するためには、市場に出ている『補聴器』と、『集音器』や『助聴器』との違いをしっかりと認識しておく必要があります。

Q1 補聴器と集音器の違いをしっていますか [n=600]

Q1 補聴器と集音器の違いをしっていますか 出典:一般社団法人 日本補聴器工業会

以下のサイトでも関連情報が掲載されています

「通信販売の補聴器等の安全性や補聴効果」 - 独立行政法人国民生活センター[外部リンク]
「補聴器と集音器の違いについて」 - 補聴器比較ホームページ[外部リンク]
「補聴器と集音器の違いは?」 - 耳鼻科医の診療日記[外部リンク]
「補聴器はフィッティングを受けて購入するべき」 - ふくしチャンネル[外部リンク]

医療機器に認定されているかどうか

『補聴器』という名称で販売されている製品は、補聴器メーカーが厚生労働省に申請し、厚生労働省から正式に医療機器として認定されているものだけです。『補聴器』は薬事法で定められた管理医療機器として指定されているため、効果や安全性などについて一定の基準をクリアする必要があり、個別の製品ごとに正式な認定を受けなければ製造販売はできないことになっています。
また、消費者保護の観点からも、対面販売を義務付けるなどのさまざまな制約のもとで、販売活動、広告宣伝活動を行っています。
つまり、管理医療機器である補聴器は、そうしたさまざまな厳しい制約や条件の下で製造・販売されているという裏付けによって、効果や安全性、信頼性が確立されているということがいえるかもしれません。
一方、『集音器』や『助聴器』は医療機器ではありません。
医療機器である『補聴器』は、医療の本質に直接関与する機器であり、そういった意味で『集音器』や『助聴器』とは全く違うカテゴリーの製品だということができます。

どんな人を対象としているか

『補聴器』は薬事法で定められた管理医療機器に指定されており、「聞こえ」が低下してきた人や不自由な人が使用することを前提に開発、製造されています。機能面においてもそうした点を配慮した機能が搭載されています。例えば、騒音の中で言葉を聞き取りやすくする機能や、必要以上に大きな音を出して、耳を傷めることのないように出力に制限をかけることができる機能、ハウリングを防止する機能などです。
一方、『集音器』や『助聴器』は医療機器ではないため、製造や販売する上での制約はありませんし、難聴の人を前提としたさまざまな機能は搭載されていません。どちらかというと、一般的には正常な聴力の人向けにつくられているものが多いようです。

以下のサイトでも関連情報が掲載されています

「最近、会話が聞き取りづらい 難聴(補聴器)」 - きむ耳鼻咽喉科[外部リンク]
「フィッティング手順」 - ラビット補聴器[外部リンク]

使う人に合わせた調整が可能か

聴力がどの程度低下しているのか、どんな音が聞きにくいのか・・・。難聴の程度は人によってさまざまです。難聴の人が快適な聞こえを獲得するためには、その人の聞こえの状態をしっかり把握し、その人の聴力や聞こえに合わせて細かく補聴しなければなりません。どの周波数の音が聞き取りにくいのか、どのくらい出力を上げると聞きやすくなるのか、どの程度雑音を抑える必要があるのか・・・。補聴しなければならないポイントも多岐に渡ります。管理医療機器である『補聴器』は、難聴者のニーズに応えられるよう、使用する人に合わせて調整できる機能が搭載されています。当然、価格や機種によって調整できる範囲や機能は違いますが、『補聴器』は使う人に合わせて調整を重ねることを前提としています。一方、『集音器』や『助聴器』は一般的には、使用する人に合わせて細かく調整する前提で製造された製品ではありません。音量調節等の機能は搭載されている製品が多いようですが、個々の人の聴力や聞こえの状態に合わせて調整しながら使用する製品ではないと考えた方がいいでしょう。

販売方法の違い

管理医療機器であると同時に、使用する人に合わせて調整することを前提とした『補聴器』は、"買って終わり"という製品ではないため、販売も補聴器専門店や眼鏡店の補聴器コーナーなどでの対面販売が基本となっています。購入する際には、カウンセリングや聞こえのチェックを行い、購入者の聴力や聞こえの状態に合わせて補聴器のフィッティングを行います。また、購入した後も、日常生活の中での聞こえの状況に合わせて、購入店で調整を繰り返すことでより自分に合った補聴器をつくり上げていきます。一方、管理医療機器ではなく、使用する人に合わせた調整を前提としていない『集音器』や『助聴器』は、通信販売や一般の電機店で購入することが可能です。

以下のサイトでも関連情報が掲載されています

「通信販売の補聴器等の安全性や補聴効果 -販売サービスに関する調査も含めて-」 - 国民生活センター[外部リンク]

現在使用している補聴器の満足度 補聴器 対 集音器/通販補聴器

補聴器販売

補聴器販売

音質信号処理

音質信号処理

製品の特色

製品の特色

聞き取りの状況

製品の特色

出典:JapanTrak 2018

まとめ

これまでの説明のとおり、『補聴器』と『集音器』や『助聴器』とは見かけは似ていても、基本的には違う位置づけの製品だということができます。ただし、実際に『集音器』や『助聴器』の効果を感じている人がいることも事実で、必ずしも『集音器』や『助聴器』を購入することが良くないという訳ではありません。
問題なのは、『補聴器』と『集音器』や『助聴器』が同じ機能を持っていて、同じ効果が得られるという間違った認識を持ってしまうことです。『集音器』や『助聴器』の中には、外見を見ただけでは、『補聴器』との区別がつかない製品もありますし、広告などを見ると、『補聴器』と同じような効果が得られるような表現も見受けられます。
そうした誤解によって『補聴器』のつもりで『集音器』を購入してしまい、満足な効果が得られないということや、ひいては健康被害を引き起こしてしまう恐れがあるということが大きな問題なのです。
大切なことは、まず、両者の違いをはっきりと理解した上で検討することです。そして、何より、聴力の低下を感じたり、難聴に関して気になることがある場合は、耳鼻科の専門医に相談し、適切なアドバイスを受けることが大切です。『補聴器』や『集音器』を検討するのは、それからでも遅くはありません。

専門家に相談しましょう

戻る