ワイデックスがお届けする難聴と補聴器の総合サイト「みみから。」

補聴器販売店を探す

  • HOME
  • 難聴について
  • 耳や聴力、音について
  • 補聴器の選び方
  • みみから。エンタメ
  • 難聴・補聴器 口コミ・Q&A
  • ワイデックスについて

耳鳴りが発生するしくみ

耳鳴りが発生する原因ははっきりとわかってはいませんが、耳鳴りの発生には内耳の障害が密接に関係していることはわかってきました。

音は脳で聞いている

耳鳴りを経験している人の多くに聴力低下の傾向がみられることが報告されています。最近では、耳鳴りと難聴には密接な関係があり、音を聞くしくみの障害(難聴)が、耳鳴り発生のきっかけになっていると考えられています。
空気の振動である音は、耳介によって集められ、外耳道を通って鼓膜を振動させます。鼓膜の振動が耳小骨という器官によって増幅され、内耳にある蝸牛(かぎゅう)に伝わります。蝸牛には、音を電気信号に変換するという重要な役割があります。蝸牛によって変換された電気信号は、視床で「重要な音」・「危険な音」と「不要な音」に選別されます。自分に向けて話しかけられた声や救急車のサイレンなどは「重要な音」・「危険な音」として選ばれ、聞こえの脳である聴覚野に電気信号が送られます。一方、冷蔵庫やエアコンなどの音は「不要な音」と判断され、意識を向けない限り捨てられて聴覚野には信号が送られなため、聞こえていないのと同じことになります。蝸牛で変換された音の電気信号が、脳の聴覚野で音と認識されるまでの経路を聴覚路といいます。

聴覚路の障害と耳鳴りの発生

耳鳴りの発生には、聴覚路の障害が大きく関係しています。蝸牛等の障害によって聞こえの脳である聴覚野に音の電気信号が届きにくくなってしまうと、脳の働きが変化し耳鳴りが発生します。耳鳴りは聴覚路の障害がきっかけとなって脳で起こるというのが、最近の考え方です。 まったく音のない場所では、誰にでも耳鳴りは聞こえるといわれています。ただ、耳鳴りが小さいために、日常生活では周囲の音にかき消されてほとんど聞こえることはありません。しかし、聴覚路の障害によって弱くなった電気信号を脳が強くしようと変化するため、本来は小さかった耳鳴りの信号も強くなるため聞こえてくるといわれています。

蝸牛の障害によって、電気信号が届きにくくなる耳鳴りが発生するしくみ
音を電気信号に変換して聴覚野に伝達する経路(聴覚路)で障害が起こることで、信号が届きにくくなってしまいます。多くの難聴は蝸牛の障害がきっかけとなって起こっているといわれています。

脳が電気信号を強くしようと働く耳鳴りが発生するしくみ2
聴覚路の障害によって信号が届きにくくなってしまうと、信号が弱い状態を補うために、脳が変化して電気信号を強くしようという働きが起こります。

耳鳴りが聞こえるようになってしまう耳鳴りが発生するしくみ3
脳が変化することで、もともとは聞こえなかった小さな耳鳴りが大きくなり、聞こえるようになってしまいます。 

※「脳を変えて、耳鳴りを治療する」イラストレイテッドおよびガイドブックより参照

◆[耳鳴りでお悩みのあなたに]ワイデックスコーポレートサイト

 

以下のサイトでも関連情報が掲載されています
「耳鳴りホームページ」 - 関谷耳鼻咽喉科[外部リンク]
「ミミナリDoctor」 - ミミナリDoctor[外部リンク]
「耳鳴り解消のツボ」 - ツボです。[外部リンク]
「耳鳴りに効果のあるツボのポイント」 - シールで簡単ダイエット つぼ健康療法研究所[外部リンク]
「耳鳴り(耳鳴)」 - gooヘルスケア[外部リンク]
「耳鳴り治療、耳鳴りの原因を探る!」 - 耳鳴り治療、耳鳴りの原因を探る![外部リンク]
「耳の病気辞典」 - 耳の病気辞典[外部リンク]
「耳の病気NAVI」 - 耳の病気NAVI[外部リンク]
「耳の病気」 - gooヘルスケア[外部リンク]
「耳の病気~症状から調べる~」 - 耳の病気~症状から調べる~[外部リンク]

戻る